スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またニコ動が世論調査をやったそうです

  • 2009/01/29(木) 01:17:59

早速見てきた



うーん
今回の「重み付け」手法がいいのかどうかはわからんなぁ。
実際の分類に近づける意味があるのかどうかだな

で、やはり気になる20代と40代の支持の乖離
自分20代な人間なんで麻生・自民支持、小沢・民主嫌いな結果は納得できるんだけど
40代何考えてんだ?(世代論にしてもいけないけど、この結果はどうだろ)

産経も似た結果出してるけど
ほんと一度ちゃんと調べた方がいい気がするんだけどね。
そういう研究専門(社会学者? 理系なんで文系のことさっぱり)の人、一度調べてくれ~

スポンサーサイト

二つのアンケートを見比べて

  • 2008/12/30(火) 13:18:34

ニコ動でミンス党の生放送をやるらしいね~

それに合わせて運営がアンケートやってたけど
とりあえず、結果

結果


再調査


一回目はひどいな。これ。
設問がひどすぎる。
二回目のほうの結果が正しいのは一目で分かる。

ニコ動の世論調査も発展途上なんだろうな。

とりあえず、再調査のQ4の結果に腹筋崩壊wwww
ミンス党涙目すぐるだろwwwwwwww

にしても新聞やテレビの調査とこのあたり乖離ひどいな。
あきらかに母集団が違うから乖離するのは当たり前なんだが……

世論調査と国籍法

  • 2008/12/17(水) 02:41:23

ニコ割アンケート見てて思ったこと。
これ、実は産経結果に近いんだよね。特に麻生さんや自民支持者の年代別割合傾向。
特に20代と50代が比較的高くて40代落ち込み型の傾向なんかが。
産経ではその点は「不思議な現象」っていうので片付けてたけど。
世代論、とまでは言いたくないけど、なんかあるのかな?
もうちょっと詳しい分析欲しいね。どうして40代に麻生さん不支持の人が比較的多いのか。
あとテレビ支持率がwwwwwザマァwwwww

あと、落ち着いてきたので国籍法の話でもするか。
この話、実は衆院採決前から見てたんだけど
いやー、ここまで互いに話がかみ合わない問題はなかなか無いなぁ、というのが感想かな。
自分はこの問題の根は「何を信用しているか」に尽きると思っている。
賛成派はよく「DNA鑑定の法律的問題」「罰則の十分さ」のところを挙げておられる方を見かけられてたんだけど
まあ、国籍法が手続法で無い(合ってるかな?筆者は理系です)のは分からなくは無いけど……

でも、それって『偽装認知防止』という点に関して何も対策打ててないよね。

と(私は)半分ぐらい思うわけですよ。
まあ嘘見破り精度に関して「(真面目に仕事している)役人の嘘発見能力」<<<<<<<<「DNA鑑定」と思ってるわけですね。
私だって素直に考えれば役人の立場に立ってその人が演技してるかどうかなんて

見破れるなんて思えない

わけですね。
だからこそDNA鑑定で嘘を見破ろうって思った方が多かったのではないでしょうか?

例えばこんな発想があります(理系によくある発想ですが)。
・「人間はミスをするものだ」
・「意見をいうときには根拠となる理論、手法、数値、結果が必要である」
・「人間の感覚や心証は根拠となる理論、手法、数値、結果が無ければ信用できない」

だからこそ、我々と同じ一人間でどうしてミス無く感覚だけで、例えどんなに真面目に仕事やっていても、嘘を見破る理論や手法もなしに、ただ「見破ります」で見破れるとは(私は)まったく思わないんですよ。

一方で、法律の運用、特にその最たるものの裁判所の裁判官は法と良心にのみ縛られて判決を書きます。(法律か憲法だったかにかかれてたはず)
一番いい例が情状酌量や証拠採用の点でしょうね。
被告が反省しているか、証拠は証拠として使われるかどうかは裁判官の心次第なわけです。

だからこそ、法律に詳しい人ほどこの問題の「どこが問題となっているか」というところを見間違えているのだと思います。

彼らからしたら「嘘を見破る」ってのは手段として当たり前と思ってるのではないでしょうか?
だからこそ「DNA鑑定」<<<<<<<「役人の嘘発見能力」という発想が出てくる気がしますね。

検体のすり替え?笑わせるな。DNA親子型鑑定はサンプルを自分でとって提出すると思ったら大間違いだぞ。サンプルを提出するだけだと、鑑定書にはサンプルのDNAは親子であるというのがかかれるだけだ。決して「この2人は親子である」とは鑑定書で言えないんだよ。例えそれが心証として明らかに確からしくてもな。もし言ったら結果偽装だよ。

もし、私の考えが正しいとしたら、まあ、こんな状態だといつまでもかみ合わんな。
一応、解決策としては「審査する役人のお仕事奮闘記 ―実録、これが嘘を見破る目だ―」なんていう官の広報ビデオ作ってニコ動に上げるのはどうだろうか?

まあ、この考え正しいとする根拠はゼロだが。(統計調査しないとね)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。